2015年 7月 の投稿一覧

千葉栄町のソープランド街でランクにあったお店で稼ぐ

千葉県千葉市中央区の栄町といえば、千葉を代表する歓楽街です。その中には、ソープランド、ファッションヘルスといった固定店舗やデリヘル、ホテヘルといった派遣型風俗店の事務所や待機所、風俗案内所があります。

都市計画によって活気がなくなった千葉栄町駅

栄町は、かつて旧千葉駅と千葉県庁舎を結ぶ中間に位置し、繁華街となっていましたが、戦後の都市計画により、JR千葉駅と京成千葉駅は、それぞれ現在地に移転、商業機能が幕張方面に移ったりするなどして、利用者が減っています。また、栄町駅からそれぞれの駅までは、5分から8分程度の徒歩圏内であるため、風俗の利用でもない限り、あえて栄町で下車する必要に迫られることがありません。なお、近年の栄町駅の利用者は、200名前後であり、多くは風俗店の関係者、客であることが想像できます。

千葉栄町と言えば、ソープランド街

やはり千葉の栄町と言うと、風俗街、中でもソープランド街という印象が強いと言えます。千葉県特殊浴場協会に属している店舗は、2015年現在41店舗あり、総額1万円前半の大衆店から6万円を超える高級店までそろっています。全体としては、他のソープランド街と比べて料金設定が、低いと言えるでしょう。最寄りの栄町駅から、ソープランド街までは徒歩圏内であるため、吉原のように店の車で送迎されることはなく、タクシーの利用があるくらいのようです。

栄町ソープの稼ぎは、やや安め。多く稼ぐには他エリアへ

高級店では、110分でソープ嬢の手取りが33,000円にもなりますので、1日の平均的な接客数3人では、7万円を超えます。中級店では、80分16000円、格安店では、60分10,000円が、それぞれの手取り額です。高級店は、サービス単価が高いため、接客数が少なくても、かなりの金額を手にすることができますが、採用基準が高く、誰でも入店できるわけではありません。顔や体型も審査の対象ですし、お客を満足させるテクニック、会話力なども重要視されます。一方、中級店、格安店は、接客数を多くとる必要があります。また、既報のとおり、栄町のソープランド街は、比較的サービス料が抑えられていますので、同じクラスのお店でも、東京の吉原や川崎などの方が、サービス単価が高く、ソープ嬢への手取り額も高いので、容姿やテクニック、経験に自信があれば、他エリアに移転して働いてみるのもいいかもしれません。

風俗激戦区の池袋で、素人学園系イメクラで働く

池袋は、風俗激戦区であり、日本最大の風俗密集地帯

池袋と言えば、風俗激戦区です。池袋駅の東口、サンサイン通りを行けば、脇道に風俗エリアがあります。こちらには、ファッションヘルスやイメクラ店があり、近くのラブホテルを利用したホテヘル、デリヘルの受付所、待機所が多数あります。

一方、北口にもキャバクラや風俗店が軒を連ねています。その密集度と店舗数は、おそらく日本最大でしょう。また、その混沌とし、雑多な雰囲気は、小さな歌舞伎町といった感じがします。こちらにもラブホテル街があるので、ホテヘルやデリヘル店が多いのですが、ファッションヘルスやイメクラのほかに、SMクラブ、M性感、オナクラ、性感エステ、ソープランドまであります。まさに、風俗百貨店の様相を呈しています。

池袋の風俗の歴史は、それほど古くない

多くの風俗街が、江戸時代から続く遊郭から、戦後の赤線を経て、成り立っていますが、池袋にそうした歴史はありません。ただ、かつて闇市の本場だったり、埼玉からの東京への玄関であるため、多くの人の流れがあり、結果として風俗街を形成していったものを思われます。

池袋風俗百貨店で何して稼ぐ!?

池袋の風俗店で稼ごうと思ったら、百貨店のようなラインナップから何を選んでいいのか、非常に迷うところです。池袋駅へは、山手線、埼京線、湘南新宿ライン、東武東上線、西武池袋線、有楽町線、副都心線が乗り合わせており、知人バレが起きにくく、通うには非常に好都合な立地と言えるでしょう。

さて、短期間でより多くの収入を得ようと思えば、風俗の王様ソープランドでしょうか。こちらは、おおよそ大衆店ばかりのなので、年齢や容姿は高い条件はありません。

“池袋”風俗と言えば、素人系、学園系のイメクラで決まり!

池袋の風俗と言えば、やはりイメクラでしょうか。風俗密集地帯と言われる池袋の中で、イメクラは20店舗以上もあるのです。古くから営業している老舗イメクラ店もありますので、初めての風俗の仕事でも、比較的安心して働けるかと思います。池袋のイメクラの傾向としては、素人系、学園系が多いようです。つまり、女子高生の制服を着て、痴漢プレイ、拘束プレイ、夜這いプレイを行うというものです。そのため、年齢は、25歳以下を求められることが多いようですが、風俗のテクニック、経験については、、未経験、初心者、素人っぽさを売りにするので、求めらえません。そうした意味では、働き始める上で、敷居は低いと言えるでしょう。

“泡踊り”で知られる川崎・堀之内の歴史は、ソープランドの歴史そのもの

ソープを含め風俗業界はこれからどうなっていくのか?➾【東京から風俗が消える日】

川崎・堀之内は、吉原に次ぐソープランド街

川崎市の堀之内と言えば規模としては、吉原に及びませんが、それに次ぐ全国屈指のソープランド街です。

堀之内も吉原と同じように、最寄駅の川崎駅からソープランド街までは、少々距離があります。吉原は、いくつもの駅が、最寄駅となりますが、堀之内は、近くの川崎駅に、JR京浜東北線、東海道本線、南武線、京急本線、大師線が乗り入れており、多方面からの集客があり、また、ソープ嬢にとっては、人目を避けて出勤できるため、都合のいい立地と言えるでしょう。

川崎は、宿場町から青線を経て、ソープランド街へ

さて、ソープランド街“堀之内”は、多くの歓楽街、風俗街がそうであるように、江戸時代の東海道、宿場町からその歴史を始めました。人の往来が激しい宿場町ですから、旅館や茶屋ができ、遊郭が生まれます。近代になると遊郭は姿を消しますが、みなさんご存じの国立競馬場の建設によって、また、工業誘致によって多くの労働者が、川崎に流入し、歓楽街を形成していきました。こうなると人の性で、非合法の売春街、青線が拡大していきましたが、昭和33年の売春防止法によって、そのすべてが廃業してしまいます。このあたりは、風俗街の歴史で、よくある話です。

泡踊り発祥の地である川崎・堀之内は、ソープランドの歴史

川崎が、ほかの風俗街と大きく異なる点は、その後の風俗サービスにおいて、全国に知られるようなムーブメントを起こしたことです。つまり、ソープランドの前身“トルコ風呂”です。一号店ができると、瞬く間に、“川崎・堀之内=トルコ街”として定着しました。その名称変更については、トルコ人留学生ヌスレット・サンジャクリと後に環境大臣、防衛大臣を務めた小池百合子が、尽力したことで知られています。その後、トルコ風呂は、ソープランドに改称されるわけですが、堀之内ソープの名をさらに大きくしたのは、その性技でしょう。阿波踊りならぬ、“泡踊り”というシャレの聞いたサービスです。泡踊りは、川崎・堀之内が発祥の地と言われ、膨らませたエアマットの上を泡まみれのソープ嬢が、全身を使って男性客の身体を洗うというものです。今日では、肌の負担を軽減するためにソープ(石鹸)からローションに代わりましたが、川崎・堀之内の歴史は、そのままソープランドと言っても過言ではないでしょう。

川崎のソープランド店の数は、60ほどで、高級から中級、格安までの料金設定の店をそろっています。容姿やテクニックに合わせたお店選び、仕事選びができます。